秘境知床の四季 カムイワッカ湯の滝

知床国立公園 世界自然遺産知床

秘境知床の四季 カムイワッカ湯の滝
知床国立公園 斜里町ウトロ

掲載日:2003/06/14
体験日:2003/06/07
カムイワッカ湯の滝 カムイワッカ湯の滝は斜里町ウトロを更に進み、知床五湖へ行く途中右折し ひたすら砂利道を20分程走り ゆるいカーブを右に曲がると このような看板と橋が見えます。ここで到着。この日は車が10台程停まっていて「あ~結構きてるな」と思い まだ雪の残る道路脇に車を止めました。更に先へ進むと 行き止まりの知床大橋へ着きます。今回は 知床大橋までは行きませんでした。カムイワッカ湯の滝
橋の欄干から撮影
カムイワッカ湯の滝 カムイワッカ湯の滝
 左は、オホーツク海へ流れ出るカムイワッカ湯の滝。右がお目当てのカムイワッカ湯の滝です。左上に人が写っているのが見えますでしょうか?・・・。そうです。ここを登って行きます。
登り口
カムイワッカ湯の滝 ちなみに滝を登る際 危険が伴う箇所が数カ所あります。すべて自己責任において登ってくださいね。左の看板をクリックしてください。注意が記載されています!
「環境省・林野庁・北海道・斜里町」カムイワッカ湯の滝
しばらくは緩い沢
カムイワッカ湯の滝カムイワッカ湯の滝 しばらくは 緩やかな沢を登ります。水は温かく「お~暖ったけ!」。大小様々な湯壺が5,6カ所点在します。入られないことはないですが、ちょっと温め。
垂直の沢
カムイワッカ湯の滝
 最初の難関。左右に滝があります。右側が登りやすく 近道になります。
カムイワッカ湯の滝
 2度目の難関。女性2人が右側から登っています。この滝が一番登りにくく 滑り落ちる危険性があります。ここはほんとうに気を付けてください。これを越えるともうすぐです。
*大きな岩が崩れ落ちる可能性が有り 危険が伴う為、現在通行止めであり 従ってこの滝へは登れず またこれより先へは進めず「お目当ての湯壷」へは入浴できません。過去の記録としてご覧下さい。
お目当ての湯壺へ到着
カムイワッカ湯の滝
*大きな岩が崩れ落ちる可能性が有り 危険が伴う為、現在通行止めであり「お目当ての湯壷」へは入浴できません。過去の記録としてご覧下さい。
 登り初めて約15分。お目当ての湯壺に辿り着きました。もう すでに男性2人が入浴していました。途中で追い越した女性2人も到着し 水着になって入浴し始めました。
 目の前の滝は、高さ10数メートルはあるでしょうか?ここから先へは一般人はもう進めません。
 ここは、テレビや雑誌に度々紹介される超有名な究極の天然露天風呂です。途中、危険個所があり 足を滑らし落ちそうになりましたが 辿り着いた達成感と充実感でいっぱい。管理者も入りましたが「もう 最高~っス」
 この湯は10円玉を付けておくと「ビカビカ」に光るほど酸が強いとか! ちなみに、脱衣場等の施設は一切無く、登る時のロープ等も一切ありません。人の手は全く加えられておりません。ここは知床国立公園、平成17年にはもしかしたら 世界遺産にも登録されるかも知れません。自然は大事にしましょうネ。あ~っ 帰りがまた怖え~。
 斜里町ウトロからカムイワッカ湯の滝へはバスも運行しています。詳しくは斜里バスのホームページでご確認ください。
 なお 夏場はバスのみの運行となります。カムイワッカ方面への詳しい情報は 斜里町商工観光課へ。
知床カムイワッカ湯の滝 地図
斜里町ウトロ宿泊予約はこちら!
知床第一ホテル
知床グランドホテル北こぶし
ホテル知床
知床ノーブルホテル
知床プリンスホテル風なみ季
ホテル地の涯
ホテル季風クラブ知床
夕映えの宿 国民宿舎 桂田
温泉民宿旅館酋長
斜里町市街地宿泊予約はこちら!
ホテルグランティア知床斜里駅前
≫  Top  餌やりが熊を殺す  カムイワッカ湯の滝  羅臼岳登山  知床五胡と周辺観光地  地図  ≪
(C) Copyright 2000-2017 kamuiwaka.com .All rights reserved.
制作、著作、運営管理 秘境知床の四季